FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
英語は小さいうちから習わせるべき?
2020年度から、小学校でも英語が「教科」として導入されます。
それを踏まえて今、「早いうちから英語教室とか行かせたほうがいいのかしら?」と考えている保護者のみなさんも多いかと思います。

もし私がそのように相談されたら、
 『その前に、まずは国語をしっかり勉強してください!』
と答えます。

まず前提として、たかが中学高校の授業で英語を勉強したくらいでは「英語ペラペラ」にはなりません。
もし将来グローバルに活躍できる英会話力を身につけたいならば、毎日英語漬けの生活にしなければなりません。一番よいのは英語圏の国で数年間暮らすことです。それは大人になってからでも十分間に合います。

なので、ほとんどのお子様は
 『高校・大学受験のための英語』
あるいは
 『一般的に困らないくらいの英語力』
を身につけるのが当面の目標となります。

当然ですが我々は、日本で生まれ日本で育っている以上、脳内思考は常に日本語です。英語の読み書きにおいても、常に頭の中で日本語との変換が行われているはずです。

例えば英作文の場合、脳内は次のような処理が行われています。

  ① 日本語を文節で区切り、品詞・主述・修飾関係を分析する
  ② 英語の文法に従って変換・並び替えをする
  ③ それぞれの単語を英訳する

なので、たとえ英単語をたくさん知っていたとしても、①②ができなければ正しい英文は書けません。
そして、①②で必要なのは、
 文章の構造を理解できる『国語力』
なのです。

長文読解においても、そもそも日本語の文章が読解できないような国語力では、英文が読解できるはずはありません。

英語ができるようになるためには、まず土台となる国語ができるようになることが必要条件なのです。なので小学生のうちは、英語の前に国語を優先的に強化してください。

※ただし、全く英語に触れないままで英語の授業が始まると、単語を覚えるだけでも大変な労力になってしまうので、「英単語の発音や綴りに慣れておく」という意味で英語を習わすのであれば、私は賛成です。

ここからは私見ですが、

英数国理社5教科の中で、(受験においてではなく)将来的に役立つものという意味では、英語の重要度は一番低いと私は考えています。なぜなら英語は、人間の思考や行動に影響するものではなく、一部のシチュエーションで使われる「ツール」に過ぎないからです。しかも今ではgoogle翻訳などの「もっと便利なツール」に置き換えることができます。

それよりも、
  ・思考や表現のベースとなる【国語】
  ・論理的思考を身につける【算数・数学】
  ・身の回りの現象が理解できる【理科】
  ・世の中の仕組みが理解できる【社会】 

これらをしっかりと勉強し、これからの人生に役立ててほしいと思います。
スポンサーサイト
[2018/04/20 17:12] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。