FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『わかる』と『できる』
『わかる』『できる』は違います。

簡単に言うと、

 『わかる』:教科書の内容を理解する

 『できる』:テストで点数が取れる

です。

で、学校の成績や高校入試においては、『できる』かどうかが評価の対象になります。だってテストで評価しているわけですから。

なので保護者の方々も、子供が『できる』ようになることを望んでいるし、学習塾は生徒が『できる』ようになるための指導をします。


「えっ、でも、教科書の内容が『わかる』から、テストが『できる』ようになるんでしょ?結局同じことじゃない?」

いいえ、違います。


例えば、足し算が『わかる』とは、「足し算とは何か」を理解していることであって、「足し算の計算ができる」ことではありません。

「りんごが6ことみかんが8こあります。ぜんぶでいくつあるでしょう?」
のような問題の場合、頭の中で

  りんご6こ    みかん8こ
  ●●●●●● ○○○○○○○○
 |_______________|
     あわせて14こ

という絵が浮かべば、その子は足し算を理解していると言えるでしょう。

しかし、もし学校や塾の先生が
「問題文に”ぜんぶで”があったら、問題文に出てきた数字を足せばいいんだよ」
と教えていたら、どうでしょう?
子供は、足し算の概念がわかっていなくても、
言われた手順のとおりにするだけで、正解を出すことが『できる』のです。

つまり、学ぶべきことの本質を理解していなくても、解答の手順を覚えてしまえば、テストの点数は上がります。
成績アップ保証などを謳っている塾では、そのようなテクニックを教えているのでしょう。(まあ推測ですけど)
果たして、
それが本当に「生徒のため」と言えるでしょうか?


ペガサスはこれからも、生徒に『わかる』喜びを教えます。

スポンサーサイト
[2018/06/20 20:17] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。